子供の好奇心を活かしながら、上手に育てましょう

好奇心とは珍しいことや未知のことなどに興味を持つ心の事をいいます。

子供が好奇心旺盛なのは、まだ世の中には自分が知らない事や見た事がないものが溢れていて、その全てが興味や関心の対象になる為です。

いろいろなものに興味を持って、いっぱい質問して、知識を吸収していくプロセスを子どもは日々歩んでいます。

エジソンは幼いころから「なぜ?どうして?」が口ぐせでした。エジソンに限らず、皆さんも「なぜ?どうして?」と父親や母親を質問攻めにした経験があると思います。

本来、子供は、旺盛な好奇心を持ち合わせています。物事を知れば、その先にある原因や理由を知りたくなります。

しかし、その好奇心をつぶしてしまう親がいます。しつこく質問してくる子供の対応が面倒になり、適当な答え方をしてしまいます。

「大人になれば分かる」「そんなこと、気にしなくていい」「はいはい」「また今度ね」こうした言葉が子供の旺盛な好奇心をつぶしてしまいます。

しかし、エジソンの母ナンシーは、あれこれと質問する息子エジソンに対して無視をせず、答えました。分からないことがあれば、一緒になって調べたりしたと言います。

子供が持っている「旺盛な好奇心」を、学校の成績よりも大切にしていました。

子供が興味や関心のあることをどんどん突き進めて行けば、自然と才能のある方向へと向かうようになります。

だからこそ、エジソンのような偉大な人物へと育てることができました。親である自分の言葉を振り返ってみましょう。

子供の質問に対して、旺盛な好奇心をつぶすような言葉を返していないでしょうか。

また、答えすぎることにもデメリットがあるので注意が必要です。

「答えすぎ」を日常的に繰り返してしまうと、子どもは自分で考える機会を失い続け、自分で考える習慣を奪ってしまう恐れがあります。

ただし、「答えすぎない」は「相手にしない」ではありません。

疑問を持った子どもに対しては、・疑問を持ったことを受け止めてあげて、・一緒に考えてあげて、・それでも尋ねてきたら、尋ねられたことだけにシンプルに答える。という対応をしてあげることができれば理想的ですね。

子供の好奇心を活かしながら、上手に育てましょう

子供が全然勉強をしなかったのですが、ある工夫で克服できました

私の子供は小学6年生なのですが、本当にお転婆でやんちゃでとりあえず勉強が大嫌いなこれ私がガミガミ言うといつも喧嘩になり困っていました。

でもやっぱりテストの点が悪いのでなんとかしないとと思っていました。そして私は子供に1回真剣な話をしてみようと思い、話しました。

あなたが大人になった時大学に行きたいとかなっても勉強していなかったらいろいろ困るんだよと言ったのですが、やっぱり反抗期なので全然話を聞いてくれず、喧嘩になって終わってしまいました。

そして私はだんだん子供と喧嘩になるのが嫌になり、子供に勉強しろとガミガミ言うのをやめてしまいました。そしてなるべく喧嘩にならないようにあまりきつく物事を言えずになっていました。

そしてある日子供が、私が遠慮しているのを悟ったのかわからないですが、勉強をし始めたのです。そして私はすごく感動して泣いてしまいました。

でも何も言わずに見ておこうと思いました。そして何日かしたときに、僕塾に行きたいと言い出したのです。

本当に感動しました。

今まで勉強が大嫌いだった子供がそんなことを言い出して本当にびっくりしました。私は子供と真剣に向き合いました。

どうしていきなりそんなことを言い出したの?と聞くと、子供も私と喧嘩になるのが嫌だったみたいで先生などに相談をしていたそうです。

すると勉強の話が出てきたみたいでただ勉強しろと言われたのではなく、勉強の楽しさや勉強の価値などを先生が教えてくれたみたいで、それは自分のためにもなるし、お母さんとの喧嘩もなくなるでしょうと教えてくれたみたいです。

本当に子供は良い先生と出会えたんだなと実感しました。それからは子供との喧嘩がほとんどなくなって今は楽しくやっています。

子供が全然勉強をしなかったのですが、ある工夫で克服できました