ADHDと診断されたわが子の成長

共働きの私たち夫婦の待望の赤ちゃんは3,600グラムを超える元気な男の子でした。

夜泣きやぐずったりすることがほとんどなく成長し、手のかからない子どもと思っていた長男は、保育園へ入ったころから落ち着きのなさが目立つようになり、お友達とトラブルになってしまうことが多々ありました。

4歳の時に産まれた妹にも手がかかることもあり、お兄ちゃんだけにかまってあげられる時間が少なかったのもいけなかったのかな思っていました。

そして迎えた小学校入学。一か月ほどが過ぎたころ、スクールカウンセラーの先生から親子ともどもお呼び出しがありました。

やはり心配していた通り、授業中に落ち着いて座っていることができないとのこと。カウンセラーと担任の先生と協議した結果、一度心理的なテストをしてみようということになり、結果は多動性と注意欠陥のADHD。

親としては認めたくない気持ちはあったものの、はっきりと言われるとどこか諦めの様な気持もあり、一度専門の病院へ診察に行くことになりました。

そこで聞いた話は薬で気持ちを落ち着かせる方法。

でもそれは副作用もあるとのこと。数か月薬を服用した結果、確かに授業中は静かに座れるようになっていき、心配した副作用はなかったものの、ぼーっとしていることが多くなっていきました。

今までうるさいぐらいに騒いでいた長男がテレビを見るでもなく座ってどこか一点を見つめている姿は、異様に思えました。

似たような男の子を持つ友人に相談したところ、やはり薬漬けみたいになってるのもかわいそうということになり、病院への通院を止めました。

学校での生活態度には不安もありましたが、周りのお友達が優しい子たちでよく理解してくれ、助けてくれることもあり、問題はあるものの普通クラスで過ごしています。

たった5分程度の診察と薬ではない、じっくりと本人の話を聞いて、遊びながら学べるカウンセリングスクールを教えてもらったのも大きかったです。

学校から紹介された公的機関のグループカウンセリングとは違い、1対1で担当の方が一時間ほど相手をしてくれ、親にもアドバイスをもらえる心療内科で、そこに通いだしてからの息子は今まで癇癪を起していた場面で我慢できるようになり、4年生になった今は、わがままな部分も多いですが、妹を大事にする頼れるお兄ちゃんになってきたように思います。

ADHDと診断されたわが子の成長

子供の野菜嫌いについてこんな方法はいかが?

子供も六か月ほどになると、離乳食がスタートします。そのため、いつも何を作ろうか、悩むママも少なくありません。

また、最初の頃は好き嫌いなく、野菜もちゃんと食べてくれていたような子供でも、ある程度の月齢になると、これは嫌い、食べたくないと吐き出すような場合もあるようです。

このような好き嫌いですが、こんな方法を試してみるのもいかがでしょうか?

[野菜の苦みを消すような調理法もおすすめ]

野菜と言うと、あまり好きではないと答える人も多いかと思います。

特に子供の場合には、口に入れた瞬間に吐き出してしまったり、その野菜だけ残してしまったり・・・などと言うこともあるかも知れません。

特にほうれん草やピーマンなど、苦みを感じるような野菜だと、子供が嫌がり、全く食べないなどと言う問題が起きる場合もあります。

このような苦みのある野菜は、苦みを感じさせないように、ちょっと味付けに工夫をしてみるのもいかがでしょうか?

例を挙げれば、ピーマンを炒める際には、一緒にトマトケチャップを入れたり、最後にミートソースをかけてみるのも、ピーマンの苦みが少なくなりますので、野菜が嫌いな子供にも良い方法かと思います。

ほうれん草もバターで炒めると、香りも良くなり、食欲が増しますので、子供でも食べやすくなります。

[人参は温野菜にすると甘味が増す]

また、人参やカボチャなどは、温野菜にすると、野菜の甘味が増して、子供でも食べやすいものです。

人参などは、電子レンジでシリコンスチーマーで加熱して、蒸し野菜にした上で、バターを一欠けら混ぜると、甘味が増して、おかずと言うよりもお菓子に近い味わいになることもあります。

そのため、子供は勿論ですが、あまり野菜が得意ではない大人でも、とても食べやすくなります。

電子レンジとシリコンスチーマーがあれば、時間もかからず、離乳食を作るのも便利ですよ。

お子さんがそれなりに大きくなってもまだ野菜嫌いでビタミンが不足する場合の最後の手段としては、栄養補助飲料を飲ませるというのもアリです。

こちらのブログ、子供の身長を伸ばす!息子を180cmに育てたママBLOGがとても参考になります。

 

子供の野菜嫌いについてこんな方法はいかが?

子供の好奇心を活かしながら、上手に育てましょう

好奇心とは珍しいことや未知のことなどに興味を持つ心の事をいいます。

子供が好奇心旺盛なのは、まだ世の中には自分が知らない事や見た事がないものが溢れていて、その全てが興味や関心の対象になる為です。

いろいろなものに興味を持って、いっぱい質問して、知識を吸収していくプロセスを子どもは日々歩んでいます。

エジソンは幼いころから「なぜ?どうして?」が口ぐせでした。エジソンに限らず、皆さんも「なぜ?どうして?」と父親や母親を質問攻めにした経験があると思います。

本来、子供は、旺盛な好奇心を持ち合わせています。物事を知れば、その先にある原因や理由を知りたくなります。

しかし、その好奇心をつぶしてしまう親がいます。しつこく質問してくる子供の対応が面倒になり、適当な答え方をしてしまいます。

「大人になれば分かる」「そんなこと、気にしなくていい」「はいはい」「また今度ね」こうした言葉が子供の旺盛な好奇心をつぶしてしまいます。

しかし、エジソンの母ナンシーは、あれこれと質問する息子エジソンに対して無視をせず、答えました。分からないことがあれば、一緒になって調べたりしたと言います。

子供が持っている「旺盛な好奇心」を、学校の成績よりも大切にしていました。

子供が興味や関心のあることをどんどん突き進めて行けば、自然と才能のある方向へと向かうようになります。

だからこそ、エジソンのような偉大な人物へと育てることができました。親である自分の言葉を振り返ってみましょう。

子供の質問に対して、旺盛な好奇心をつぶすような言葉を返していないでしょうか。

また、答えすぎることにもデメリットがあるので注意が必要です。

「答えすぎ」を日常的に繰り返してしまうと、子どもは自分で考える機会を失い続け、自分で考える習慣を奪ってしまう恐れがあります。

ただし、「答えすぎない」は「相手にしない」ではありません。

疑問を持った子どもに対しては、・疑問を持ったことを受け止めてあげて、・一緒に考えてあげて、・それでも尋ねてきたら、尋ねられたことだけにシンプルに答える。という対応をしてあげることができれば理想的ですね。

子供の好奇心を活かしながら、上手に育てましょう

子供が全然勉強をしなかったのですが、ある工夫で克服できました

私の子供は小学6年生なのですが、本当にお転婆でやんちゃでとりあえず勉強が大嫌いなこれ私がガミガミ言うといつも喧嘩になり困っていました。

でもやっぱりテストの点が悪いのでなんとかしないとと思っていました。そして私は子供に1回真剣な話をしてみようと思い、話しました。

あなたが大人になった時大学に行きたいとかなっても勉強していなかったらいろいろ困るんだよと言ったのですが、やっぱり反抗期なので全然話を聞いてくれず、喧嘩になって終わってしまいました。

そして私はだんだん子供と喧嘩になるのが嫌になり、子供に勉強しろとガミガミ言うのをやめてしまいました。そしてなるべく喧嘩にならないようにあまりきつく物事を言えずになっていました。

そしてある日子供が、私が遠慮しているのを悟ったのかわからないですが、勉強をし始めたのです。そして私はすごく感動して泣いてしまいました。

でも何も言わずに見ておこうと思いました。そして何日かしたときに、僕塾に行きたいと言い出したのです。

本当に感動しました。

今まで勉強が大嫌いだった子供がそんなことを言い出して本当にびっくりしました。私は子供と真剣に向き合いました。

どうしていきなりそんなことを言い出したの?と聞くと、子供も私と喧嘩になるのが嫌だったみたいで先生などに相談をしていたそうです。

すると勉強の話が出てきたみたいでただ勉強しろと言われたのではなく、勉強の楽しさや勉強の価値などを先生が教えてくれたみたいで、それは自分のためにもなるし、お母さんとの喧嘩もなくなるでしょうと教えてくれたみたいです。

本当に子供は良い先生と出会えたんだなと実感しました。それからは子供との喧嘩がほとんどなくなって今は楽しくやっています。

子供が全然勉強をしなかったのですが、ある工夫で克服できました